前へ
次へ

筋肉サポートや動きの制限に役立つ腰痛ベルト

一生のうちだれもが一度は経験をすると言われているのが、日本でも10人に1人はいると言われる腰痛です。対処として自分でできることの一つに、腰痛ベルトを利用する方法があります。内臓を圧迫させることで腹圧をアップすることのできるベルトであり、お腹の筋肉を無理なく奥の方へ前川から押さえつけることが過剰です。腹圧は適度に高くなるため、それだけ腰にも負担がかかりません。行動を起こすだけで腰に痛みを感じている場合でも、ベルトを使うことで無理な動きは制限されます。筋肉サポートや腰の動きの制限に役立ちますが、ベルトをつけたからと言って痛みが感知する医療機器ではありません。根本的な腰に感じる痛みを無くすわけではなく、痛みをできるだけ軽く緩和をすることが目的のベルトです。腹部を圧迫する特徴を持つベルトなので、装着をすれば痩せるのではというほのかな期待を持つこともありますが、専用ベルトをしても激ヤセをすることはありません。

Page Top