前へ
次へ

腰痛が起きた時には冷やすこと

ぎっくり腰などの腰痛を起こした時、その対処方法には整体などの治療院へ行くことが勧められます。しかしこの時、激痛はある場合などは治療を行わない治療院が多いと知っておきましょう。炎症状態がひどい時に治療を行うことで、更に痛みを増してしまうことがあり、多くの治療院では炎症が収まってから治療を始めることが一般的となっています。また腰痛に慣れているからと言って自分自身で腰を痛みを調整する人もいますが、痛みが最大の頃には収まるまで安静にすることが大事なことになります。自分で腰痛を治す時には、患部を冷やすことに専念します。炎症を起こしている個所を冷やすことで、痛みを抑えることが出来るようになります。患部を冷やすことが効果的となるため、お風呂などに入ることは避けるようにします。夏の暑い日に腰痛を起こした時、どうしてもお風呂に入りたいと考えてしまうのでしょうが、動けるほどに回復した時にはぬるいシャワー程度で済ますようにします。患部を温めることで、炎症の個所が広がってしまうことに注意しましょう。

Page Top